お中元やお歳暮でのギフト選定

お中元やお歳暮の季節にはギフトを選ぶことになりますが、これがなかなか難しいものと言えます。どうしたら、ぴったりのギフト選定ができるかというと、やはりもらう人の身になってということが一番と言えそうです。悪い例をいくつか列挙すると、贈り主の方の都合だけで決めてしまうということでしょう。珍しいものを発見した、これを送ろうとか、自分が好きでよく食べるから、これがいいやと決めつけてしまうとか、中には地元の特産品なら相手も喜んでくれるに違いないと思い込み、近くに海がある方に海産物を選ぶとか、果物なら当たりはずれがないと考えるまではいいとして、相手の地域でも特産品になっているものを調べもしないまま送ってしまうとか、ということです。

ギフトを送ろうとするときには、相手の方の好き嫌いやお住まいの地域の様子、ご家族構成なども十分に勘案して、日持ちの具合なども含め、総合的に勘案した上で、品物を選ばなければならないということなのです。もちろん、季節も意識する必要がありますし、量なのか質なのかも、それなりに考えることです。少し大げさに言えば、やはり顧客志向を十分に研ぎ澄まし、コストパフォーマンスを最高率にするようにすることなのです。そして、根底には、義理だからとかおつきあいだから仕方ないというような気持ちを捨て去り、贈る方も贈られる方も両方がハッピーになるという、「WINーWIN」の関係を意識するのが大切と言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする