お酒と絶妙に合う料理を提供する居酒屋の魅力

居酒屋で提供される日本酒の中でも、最高峰と言えるのが純米大吟醸酒です。この酒は米の中心部だけを使って醸造したものですから、極めて繊細な味わいが特徴となります。たまには贅沢をしたいときに純米大吟醸酒を注文すれば、自分へのご褒美にもなります。フルーティーな味わいの大吟醸酒も多いですから、女性にも人気があります。

料理との相性は抜群ですが、刺身などの魚料理とは特によく合います。居酒屋の大事な役割には、お酒とよく合う料理を提供することにもあります。純米大吟醸酒のような最高級の酒に負けないだけの料理を作るためには、素材選びを徹底して行う必要があります。刺身で使う魚は新鮮であればよいわけではなく、店で行う下処理も同様に大切です。

料理のレベルが特に高い居酒屋であれば、魚の扱い方も見事です。白身魚を昆布締めにするなどして、旨みを凝縮させる料理法も用いることがあります。居酒屋の料理はお酒と絶妙に合うように作られていますが、そのまま食べても美味しい品質があります。お酒によく合うということは、それだけに旨み成分が多いことを意味しています。

昆布の旨みを活かした煮物であれば、日本酒の旨みと調和することになります。そのまま食べる場合であっても十分に美味しいのは、料理人の気持ちがこもっているからでもあります。手作りをして丹念に料理を作ってくれる居酒屋は、純粋な料理店としての魅力もあります。利用する側にとっても、店の側にとっても満足できる魅力があるのは素晴らしいことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする